Thursday, May 06, 2021

渋沢 栄一『論語と算盤』





皆様も読まれた方がいらっしゃると思いますが、渋沢 栄一『論語と算盤』の中で、優れた指導者の条件として書経から引用されていました。 
 
 寛容でありながら、厳しい一面がある。
 柔和でありながら、芯が通っている。
 慎重でありながら、ものごとの処理が機敏。
 有能でありながら、相手を見下さない。
 従順でありながら、意志が強い。
 直情でありながら、心は温かい。
 大まかでありながら、筋は通す。
 決断力に富みながら、思慮深い。
 行動力がありながら、善悪のケジメはわきまえている。

特にコロナ渦の今、指導者となるべき人には大切なことです。指導者でなくとも人として大切なことですね。