Saturday, February 13, 2021

観察


先日、買い物中に可愛い帽子を被っている女性がいてついついその方の頭をガン見。

その時は帽子の型紙をやり直したいとあーでもない、こーでもないと失敗した型紙の山を作っていた時でした。

「・・・あのカーヴはどんな感じで出しているんだろう?」
もう買い物なんかそっちのけでチラチラとその方の頭ばかり見ていました。




昨日は、若い男性が身につけていた真っ白なオーバーオールの後ろ姿。
白いオーバーオールなんて今の時期あまり着ている人はいないし下は濃緑のカットソーだったので色の対比で余計目についたのです。「あ〜後ろのタスキ私がいつも作っているVの形だわ〜。でも斜めに入ってるステッチが効いてかっこいい。ポケットのステッチも素敵。インナーとの組み合わせにもセンスあるなあ〜。」などなど。
あまりジロジロ見ないようにしているつもりですが、怪しいおばさんに思われているかもしれませんね(笑。

カットソーとレギンスの組み合わせが可愛い子供を見つけ目に焼き付けて帰宅後イメージしたお洋服を作ったこともあります。ドールが着る服だけれど日常からいつもヒントをいただいている毎日です。怪しい人と思われないよう気をつけないといけませんね。

人形用なので人が着用しているものをそのまま作ることはできません。いいなあと感じたらイメージを参考にさせていただいています。だから外に出たら全てが教科書のようなもの。散歩中の自然からも教えをいただくことがあるのです。




余談ですが・・・

オーバーオールとサロペットの違い


私はどうも間違っていたようで今更で申し訳ありません。
オーバーオールは背中に布地があるもの、サロペットは背中は紐だけのもの。
簡単にいうとそういうことのようです。

本当にごめんなさいですね。ずっと背中に布地があるタイプをサロペットと表記していました。響きがなんだか可愛いのと同じようなものだという認識がなぜかあったのです。デニム素材をオーバーオール、薄い生地のもので背中が紐タイプをサロペットとも呼ぶともありました。

ただ、an anのサイトを見てみると微妙な感じでもありなのですが・・。
とりあえず背中に布があってデニムならオーバーオール、背中に布があっても薄めの生地はサロペットと今後は表記していきます。
 
" an an 公式ホームページから引用 "

ちなみにそもそも「オーバーオール」と「サロペット」は何が違うのか……という疑問についてですが、こちらは「オーバーオール」が英語、「サロペット」がフランス語で、いずれも「つなぎ」を指す言葉です。「オーバーオール」は主に「デニム素材のつなぎ」を指すのに対し、「サロペット」はデニム素材に関わらず「つなぎ」と、若干の違いはありますが、ほぼ同じ言葉と考えてよさそう。 

https://cancam.jp/archives/236761/2