Monday, February 01, 2021

デニムにつけるボタンやカシメ


使い方 コツ


時折ですがデニムアイテムにつけるカシメやボタンの質問があります。特にカシメ。打ち込むための道具が必要ですし布の厚みも考えないとうまく止め付け出来ません。慣れないうちは潰れた金属パーツのしかばねの山ができる(・・・私のこと、、)と考えたほうがいいかもしれません。



↑パーツの足の長さと布の厚みのバランスが大切です。人用のものは頭(表に出る部分)が良くても足の部分が長いのでドール服には不向きです。


金槌や土台、専用の打ち込み棒も必要です。


↓一番安心なのはやはり糸で縫い付けられる普通のボタンです。バネホックで留めるのがかっこいいのですが布の厚みとの兼ね合いでうまくいかないこともあるので多くの場合はスナップボタンを使っています。


↓このようなミニチュアサイズの吊りカンも引っ掛ける輪っか側はタスキ側を通して縫い付けますが留めるボタン側は打ち込みをします。これはかなり繊細なので着脱の際に注意が必要です。


レザークラフトをされている方が詳しく説明されているサイトも多く参考にされたら役に立ちます。私もお世話になりました。

最近 こういう作るための質問などもいただくようになりました。
未熟なのでわかる範囲、それも自己流がほとんどの中でのお答えになり申し訳ないのですが挑戦してみたいというお気持ちがとても嬉しいです。