Saturday, January 09, 2021

作る・・を楽しむ


時々作ってみたいというお話が・・


マドレーヌちゃんのお洋服を作ってみたけれど着せられなかったというお話をいただく事があります。

  • きちきち、または大きすぎてブカブカになってしまった。
  • スモックなら直線裁断でできるかとやってみたら肩のところがきつくて着せられなかった。
  • パンツや袖口に手足が通らなかった。

以上のお話はよく聞きます。
型紙は直線書きで作ると絶対とは言えないけれど多くの場合綺麗な仕上がりにはなりません。小さいとはいえ人形も体は人と同じく立体でできているので「厚み」を計算に入れなければ着せられるお洋服にはなりません。



私も当初はゆとりを作らずにきちきちになってしまったりしていました。結局、ガーゼのような伸縮する布地を人形の体に巻きつけてその上から線を引くというやり方で型紙を起こしました。キッチンペーパーやアルミホイルなども型紙作りには役立ちます。それから細いテープもあると印付けなどに使えます。


制作する際には基本的な型紙をまず作って それを元に応用して展開していくのが一番いいと思います。

マドレーヌちゃんは1/6サイズのお人形の割に手足先が大きいしお腹が少し出てウエストのない子供体型です。すらっとした都会的なお洋服よりは懐かしい雰囲気、お茶目で元気、そんなイメージのお洋服をいつも考えています。

制作イメージはウィンドウショッピングの時などマネキンが着ているセットとか、道ゆくオシャレさんのコーデ、小さな子が着ているシックな服などなど 実際の生活の中からいただいています。ドール用とは考えません。実際に着られるお洋服のイメージで作ります。それに少しマドレーヌちゃんらしさをプラス。


私は小学生の頃、手作りの平らな布人形に直線断ちのぺったんこなお洋服を作って着せ替えさせていました。

それが 私の原点です。

どうやったら綺麗に着せられるだろう
どう工夫したら可愛く見えるのだろう

様々なことを手を動かしながら考えてきました。

皆様もどんな分野でもいいから「作る」ということを楽しんでください。

人は何かを生み出す事ができた時、最高の喜びを得る事ができます。