Sunday, June 21, 2020

梅雨なのに水無月?


青々


梅雨入りして田んぼに水が入りカエルの合唱が賑やかです。湿度だけでも低かったら過ごしやすいんですけれどそうもいかず・・・。

早苗が青々となびいている風景を見ると今年も暑い夏がやってくるんだと感じます。




「早苗」とか「水無月」とか。日本語は表現が豊かで美しいですね。



" 引用 "
水無月は「水の月」という意味
水無月の「無」は、「の」にあたる連体助詞「な」であるため、「水の月」という意味になります。
今まで水の無かった田んぼに水を注ぎ入れる頃であることから、「水無月」や「水月(みなづき・すいげつ)」「水張月(みずはりづき)」と呼ばれるようになりました。
この時期の雨は稲が実を結ぶために重要なものであるため、豊作を願う人々の思いがこの呼び名に表れている、ともいわれています。