Tuesday, March 17, 2020

早い春


今年は春が来るのが早い


日中汗ばむ陽気の日もあるくらい今年は春が来るのが早いようです。それでも花冷えとはいったもので昨日は冷たい雨がぱらつき寒い1日でした。

世間ではコロナウィルスの影響が様々なところに出て騒ぎは大きくなるばかり。早く終息に向かわないかと願ってもこればかりはどうしようもありません。

知人からもメールをいただきました。こういうことに詳しい方なので理性的な文面に気持ちが落ち着きます。



”知人メールより抜粋”

新型コロナウイルスで世界は天地をひっくり返すような状況ですが、ウイルスの素性も見えて来ました。感染しても8割くらいの人は自然治癒する風邪のようなウイルスで、日常生活を送りながら感染が広まってしまう厄介さが要点です。ワクチンや薬剤が開発されるまでの問題は、感染した人の2割は発症、一部の人たちは重症化して数%の人は亡くなっているので、致死率が低いとはいえ、感染者数の増大に従い多くの人が亡くなってしまうことです。感染者が爆発的に増えると、医療機関側の受け入れ体制にも余裕がなくなることも社会を混乱に陥れます。一人ひとりが正しく恐れ、感染拡大を防いで医療リソースを無駄使いしないことが大事です。幸いなことに、国内では感染ルートをたどれる人が多く、リスクのある行動があった人たちの中で少しずつ感染が起きているのが現状です。感染グループを徹底的にトレースし、濃厚接触者を追跡することによって感染拡大を抑え込むチャンスが十分あるということを意味しています。いま取り組むべきことは、科学的に正しい行動を優先させることです。例えば、専門家集団であるアメリカのCDCは、症状が出ていない一般市民にマスクは不要だとはっきり言っています。一般人におもねって「マスクを増産します」という非科学的なメッセージを発信することなど愚の骨頂と言えます。