Wednesday, February 20, 2019

小さなお針子さん




小さな指で一生懸命に針に糸を通している風景は懐かしいです。
慣れていないので、糸切りバサミで糸を切ることも糸を針穴に通すこともスムーズにできない。

私も子供のころ、つきっきりで祖母に教えてもらっていたことを思い出します。
『下手の長糸 上手の小糸』なんてその頃覚えました。毎日針を握っているとその言葉はかなり重いものです。


小さなお針子さんもすぐに大きくなって上手にいろんなものが作れるようになることでしょう。