Saturday, January 19, 2019

制作と撮影


ショップの仕事


マドレーヌちゃんのお洋服や着物の制作時間はどのくらいかかるのかと聞かれることがあります。一概に何日、これぐらいとは言えません。

というのも例えば着物。本体の生地をまず決めます。型紙を当てて裁断し、表だけ縫い合わせます。その段階で少し休ませます。着物の場合、帯や帯ひも、半襟等々、組み合わせる小物が多いので一気に決めないようにしています。

色々ある布地や色をどのように合わせていくか、その時間がとても楽しいのです。だから、そのためにここは仕事でもあるけれどうんと楽しむことにしています。

裏地、振り、伊達襟などの生地や色が決まるまでの過程はすぐ決まる場合もあるし、何日も考えていることもあります。正絹の着物を縫う準備として種類多めに布地は選んで用意しています。


全体が大体出来上がったらマドレーヌちゃんに着てもらいます。そこから着せたまま何日かまた寝かせます。箱の中にしまって日に何度も眺めます。帯をこの色にしたけど変えようかとか、帯揚げは帯紐はこれでいいかなど考えているので最初の段階では縫い付けずに仮止めにしています。


マドレーヌちゃんにしてみたら、「着せといてまだ撮影してくれないの」かもしれませんね(笑。

お洋服の方が時間は短いかもしれませんが、出来上がったら着せて寝かせておく時間は同じように取っています。
やっとこれでいいかなと自分の心がOKを出したらお天気のいい日を選んで撮影します。雨の日は色温度が違い、写真の色味が良くないので撮影はしません。




一眼レフのデジタルカメラもそろそろガタが来始めているので次を考えないといけない時期に来ていますが、もう少し頑張って欲しいです。レンズはアナログカメラ時代のCONTAXマクロプラナーをCANONのデジカメ用にアダプターをつけて使っています。

こうして書いてみると作っている時間よりは、試行錯誤している時間や休ませている時間をたくさん取っているように思います。