Sunday, November 25, 2018

最後の一葉


The Last Leaf


秋も深まり 木々の紅葉の葉っぱにもサヨナラを告げる時期、一枚だけ残った葉っぱをよく見かけます。その度にオー・ヘンリーの小説「最後の一葉」を思い出します。


教科書に載っていたと思いますがあらすじはうろ覚えでした。タイトルが印象深くてそこだけ今でも強く覚えている感じです。




内容はちょっと重い。こういうお話が教科書に載っていたなんて。今から考えるともっとしっかり読んでおくべきだったと思います。

子供の頃、深くは理解できないまま、それでもどこか印象が残っていて 大人になってからふとした拍子に思い出すことがよくあります。

「最後の一葉」もその一つ。
秋になると木々に残っている葉っぱを見ることが多いからこの時期は特に・・・ですね。



昨日は初霜でした。
これから寒い季節が始まります。皆様 風邪などひかれませんようお過ごし下さい。