Monday, July 09, 2018

自然災害の爪痕


7月7日の大雨


各地で甚大な被害が出ました。我が家の近所の畑や田んぼでもせっかく丹精込めて育てていた稲や野菜は水の底に沈んでしまいこれからの収穫は難しいものとなってしまいました。

近くの河川の決壊で田んぼ・畑・道路は消え一面湖状態です。







道路は水の底に消え当分は使えそうもありません。我が家の田んぼもこの湖のどこかにあるはずですがまるでわからなくなりました


岡山は本当に地震や台風など自然災害の少ない地域でいつも人ごとのようにニュースを見ていることがありますが、こんな非日常の景色が目の前に現れると自然という脅威を身近に感じずに入られません。そして日頃の備えも見直したり、助け合えるところは助け合って生活していかなければと改めて感じました。