Monday, July 30, 2018

写真画像について


商品撮影




ShopにUPするアウトフィットは光がよく回る場所を選んで撮影します。夕方近くや雨の日は色温度が変わるので撮影はしません。Photoshopを使えばもちろん補正できますが、できれば元画像を触りたくない派なので自然光が綺麗な日を選びます。


RAW画像という未加工画像とは、デジタルカメラに記録されたままの写真のことを指します。元と比べればフォトショップなどの画像加工ソフトを使って、トリミング、色・質感・トーンの修正など、どのような加工がされたのかはわかります。


私が撮影画像に施す加工は原則以下の3つ

1)Web用に72dpiにする
2)トリミング
3)少し暗いと思う時にホワイトバランスを調整




絶対にするのは1のみ。これはネット上にUPするので必須ですが2と3は状況に応じてです。趣味なら加工も楽しめますが、あまりに加工すると「絵」になってしまうので商業写真ではNGです。

商品撮影なので できる限り正しい状況で見ていただきたいので加工しなくていいように光、フレーミングなども気をつけるようにしていますが何度やっても難しいです。個々のブラウザの違いによる色の濃さの違いはどうしても仕方がないことですし。



時折プロの写真家さんの写真講座などを読んだりしているのですが、意識をして経験を積む以外に王道がないので頑張ろうと思います。