Monday, April 09, 2018

アウトフィットを縫うとき

そろそろサンドレス、サマードレスの準備をしようとあれこれ布地、レースを出して合わせていました。夏は爽やかでシンプルなのがいいかな〜とギャザー少なめのミニワンピースを試作しました。ミニ丈なのでチラ見え用にペチコートを作るのに裾につけるレース。いつもならたっぷりギャザー寄せするので作り置いているボリュームのあるペチコートを合わせてみました。


すると どうにも重いのです。合わせたのが秋向きのベージュカラーだったからかと白いタイプを合わせてみてもレース部分のボリュームがやっぱり重く感じます。

これは出来上がって撮影をする際に靴を合わせるときに似たようなことがあります。半袖の夏向きワンピースだからと素足にサンダルを合わせたら今度は軽すぎたり。
上と下のバランスが全体を決めるということですね。

フリルを多めにしておけば可愛い。安易にそう考えて作るのはダメだなと改めて感じました。





余談ですが、以前 海外ブランドを扱っているお店で気に入ったスカートがあり購入を決めました。試着をしてみると海外ブランドなので丈が小柄な私には長い。スタッフの方にお直しさせていただきますからと言われ後から取りに行くことに。

出来上がったものを持ち帰りいざ着てみるとなんだかね・・・な感じ。お店ではそれほど思わなかったのですが実際に手持ちのトップスと靴を合わせてみるとどこか違和感があったのです。
それはスカート丈を切ったことが原因だったとしばらくして気がつきました。
そのスカートのデザインは長さも含めて考えられ出来上がっていたものだったのだと。


その後悔があるので自分にサイズが合わない服は買わないと決めました。もちろんお直しして綺麗に着こなせる場合も多いので全部が全部そういうわけではないでしょう。


ですが元々のデザインを作るという行為は本当に考えられているのだなとそのとき痛感しました。
日常の中で仕事に役立つことはたくさんあります。常にアンテナを張っていいことも後悔したことも自分の肥やしにしていきたいと思います。