Thursday, March 22, 2018

カタカタ鳴る音


ほとんど毎日のようにミシンを踏みます。

♫カタカタ カタカタ♩


昭和32年製のミシンですが元気で動いてくれます。
何も機能がついていないのがいいのでしょうね。

リサイクルショップで手に入れたのは14年くらい前なのですが故障したことはありません。油をさして掃除をし、ベルト調子を直す。それだけで糸調子もあまり調整することがなく快適に動いています。



↓こちらの黒い鋳物製。ミシン本体は手放してしまったから足の部分だけです。これは亡くなった祖母が母の嫁入り道具としてもたせたもの。

ミシン自体は母が使わなくなったため全く動かなくなっていたのですが、そのままもらって帰りました。小学生の頃少し使ったような記憶があるのですが、それ以降 その当時流行りの電動ミシンに変わってから放置されていたのです。



ミシンと足台の部分を切り離して足の部分には天板用に黒い大理石を置いてテーブルとして使えるようにしました。今でも軒下のテーブルとして使っています。



重くてしっかりとした美しいデザイン。今見ても惚れ惚れします。ミシン本体は一時期電動ミシンに改良してもらって使っていたのですがあまりに重いものをポータブルにしたため逆に使いづらくなり残念ながら手放しました。
その頃引越しも多い時期だったのも原因です。


今から考えれば上下分解せずミシンそのままの状態で使えるように直せばよかったのだと思います。

女一人で着物の内職をしながら娘三人を嫁がせた祖母の思い出となるものはこれしかないのです。



♫カタカタ カタカタ♩

足踏みの鳴る音は 幼い頃の心象風景と繋がっています。