Tuesday, January 30, 2018

世の中は


教え


「この世界は色々な人で成り立っているものなのよ。」

愛読書、大草原の小さな家でローラの母さんが言っていました。

今の家を建てて落ち着くまでいろんな場所に引越しして住んできました。


ゴミ出しの時に「ゴミ袋に名前を記すのは常識なのにどうして書いてないの!!」と近所の方に叱られたり。常識と言われてもそれまで住んでいた数々の町内ではそういう決まりはなかったのです。それを知らずにゴミを出してしまい散々叱られている最中に近所のおじさんがマジック持ってきてあげるから待っててとかばってくれ、それを聞いた叱責中のおばさんがますます怒ったり。

どんな町内にも お節介で親切な人がいます。愛想が悪く近づきづらいと苦手意識を持っていた人が本当は優しい人だったとわかったり。


在宅で仕事をしていていろんなタイプのクライアント様と出会いました。一つのミスも絶対に許さず見逃さず、ミスをしたらどうしてそういうことが起きたのか懇々と理由を述べさせる方。訴求効果があり綺麗なデザインは要求してこられるけれど細かいことは気にされない方。

この場合、前者の方とのお仕事は続きませんでした。後者の方とはもう5年お付き合いがあります。ミスは仕事をするものとしてやってはいけないことです。些細なミスが大きなミスに繋がってしまうこともあるので見逃してはいけないこともよくわかります。ですが神経質になりすぎるあまり、ビクビクし続ける仕事になり疲労感は半端なかったので続かないだろうなと感じていましたが案の定長続きはしませんでした。


先日のこと。スーパーで買い物中に足のかかとに台車がドンっとぶつかり、前へつんのめり転びそうになりました。思わず「痛っ」と口から出てしまい後ろを振り向くとビールの箱を積んだ台車を押している男性が無言で私を睨んで立っていました。すみませんでしたと謝りましたが、帰宅する間 なんか嫌なことでもあったのかな、それとも前を歩いていた私が悪かったのかなと色々考えてしまいました。


また荷物を送る際に安く送る方法が手違いでできず、いただいた金額より多く払って違う配送方法で送ったことがあります。相手様には違う配送方法で送ったことしか伝えていませんでしたが、送料の差額を調べ私が負担したことを気にされて切手でよかったら返金しますとご連絡くださった方も。こちらの都合でしたことなのにこんな気遣いにあうとうれしくて泣けてしまいます。


人間 自分は悪くないと考えがち(その方が楽)ですが、立ち位置が変わればそうとも言えないことはたくさんあります。


よくないことが起きたり失敗をしたらそれらを「チャンス」に変えることは大切かもしれません。マイナスのことは嫌だけど自分自身を見直し歩みを続けるための大きな財産になると思います。


難しいことはわかりませんが、少しだけ見る角度を変えて考えてみることも重要ですね。