Sunday, November 26, 2017

クリエイティブな仕事をする人



俳優、歌手、画家、デザイナー等々クリエイティブな人に必要なものとは何か。携わっている人なら誰でも同じことをおっしゃると思いますが、「自分の上限を決めないこと」でしょうか。

私のような末端の人間でもそう思うくらいだから それぞれの世界のトップに位置する方々は常に限界を追い求めているのだろうなと思います。
とはいえ これ言うは易しの典型のような言葉。頑張って頑張って限界までやっても持つ力というのは人それぞれです。頑張った人だから そこそこのあたりで落ち着く。こういうパターンの方が多いのかもしれません。でもやらなければ、そこそこにも届かない。

娘がピアノを習っていた頃、将来音楽の道に進むか否かなんて私は考えていませんでした。それはある時期に来た時に本人が決めればいいこと。私自身はピアノが生活の潤いになって欲しかった。とりあえずは初見で譜面が読めて弾けること。それにはある程度までは頑張らせないと生活の潤いにもなりません。
音楽は好きだったようだけどそこは幼い子供、遊びに行きたいしサボりたい。でも少し厳しいくらい練習だけはさせていました。だからか音楽とは全然違う道に進んだけれど結婚式で弾いたり休日の楽しみになっていたりするようです。

頑張れば誰だってある程度までは出来るようになります、どんな分野でも。だから 苦手だからとか 歳だからとか 言い訳していないで今より少しだけでいいから頑張ってみることが大切かもしれません。


そうすれば必ず見えてくるものがあり 楽しいことを手にすることができます。