Tuesday, September 26, 2017

自然豊かな


田舎です、住んでいるのは。

先日町内の草刈り作業がありました。

年に春と秋2度の作業ですが、普段お話しない方とも会話ができ、みんなで汗をかいた作業の後は時折道で出会うと話が弾んだりするのでコミュニケーションは大切だなと思います。見ていないようで見られていることも感じます。


我が家の裏手にある電信柱の下に白い彼岸花の球根のかけらを捨てておいたら去年から花が咲くようになりました。草刈り前だと咲いても埋もれてしまって見えないようなのにちゃんと見られていたようで「植えたの?」と聞かれました。で「草取りの時くずれた球根のかけらを捨てていたら咲いたんです」と。

昔から住んでおられる方はどこにどんな植物が生えているかとてもよくご存知なので変化には敏感なようです。

植え付け用の苗のお話だとか こういう気候だとこの種類は植えないとか 私など何もわからないのですが聞いているととても楽しいです。市内の中心部に住んでいた頃は草取り作業なんてたいした場所もなくただ立ち話をするような時間の方が多かったのに田舎ですと大汗をかくくらい作業がたっぷり。


あって当たり前の緑や水の流れ。

こうやって人も参加して綺麗にしているんだなと思います。