Tuesday, March 14, 2017

撮影



簡単な写真撮影テク


ドールを撮影すると暗くなってしまうのですがという質問をいただくことがあります。暗いという意味が全体が暗いのか、ドールのところが暗くて見にくくなっているのかはわかりません。ですが、おそらくカメラのモードを「オート」で撮っているのが原因かと推察されます。最近は写真投稿SNSをご利用の方も増えたのでそういう質問がきたのかもしれません。

少しだけでも参考になればとわかっている範囲で書かせていただきますね。 ダニエルちゃんにモデルになってもらって写真を撮ってみました。
CANON IOS KISS一眼レフカメラ・90mm単レンズ使用。
マニュアルモードとオート、撮る場所、光の具合で違いが出ます。


フルオート↓ (明るい室内)


マニュアルモード↓ (↑上と同じ場所/明るい室内)※ドールの位置に合わせてモード設定

フルオート 室外撮影↓ (軒下・明るい日陰)

マニュアルモード 室外撮影↓ (↑上と同じ場所/軒下・明るい日陰)※ドールの位置に合わせてモード設定


マニュアルモード 室外撮影↓ (木漏れ日の下)※ドールの位置に合わせてモード設定

マニュアルモード 室外撮影↓ (少し明るい戸外)※ドールの位置に合わせてモード設定


マニュアルモード 室外撮影↓ (強い光がある戸外)※ドールの位置に合わせてモード設定


こうやって比べてみるとわかりますが、商品撮影などには光が全体に回っている状態がベ
ストです。強すぎる光ですと顔やお洋服に光と影が顕著に出てしまいます。

それからお天気のいい日と雨の日では色温度が違うので仕上がりが変わります。雨の日、曇りの日は写真にブルーがかかるので撮りません。
もちろん どういう被写体をどう表現したいかで変わるので一概にこれでないと という決まりはありませんが。

というわけで ショップに出すための撮影はすべてマニュアルモードです。場所はお天気のいい日の明るい日陰が原則。


マニュアルというのは ↓この画像のようにM(マニュアル)の横にある数字1/250 やF5.0を状態に合わせて設定することです。1/250というような数字はシャッタースピード、レンズを通って写る像の明るさのことです。簡単に言うと撮影後の画像を見てわかるのはF値が大くなるにつれ全体にはっきり写ってきます。
シャッタースピードとF値の組み合わせで表現が多彩に変わります。


コンデジでもモードを調整できる箇所があるのでお手持ちのカメラの設定を調べてみたらいいと思います。

カメラが写しているものは「」です。ドールを綺麗に撮りたいなら上手に光を当ててあげるといいです。その場にある光も利用しましょう。 iPhone撮影↓(明るい室内)※ホワイトバランス等設定なし撮影


スマホで撮る時は画面タッチで明るさを多少は調節できますが、一眼レフのようには上手くいかないのでパソコンに取り込んだ後Photoshopで明るさを調整しています。 パソコンで取り込まなくてもスマホの写真のところに明るさ、シャープネス等 調整できるモードがありますのでだいたいのことはそこで出来ます。

インスタグラムなど写真アプリには様々なモードや編集機能があるので上手に利用すると綺麗になります。使いすぎると不自然になる場合もありますので試してみていい加減のところを見つけるといいですね。