Friday, January 27, 2017

日本の美




倉敷美観地区


先日 久しぶりに倉敷美観地区に出かけました。

白壁の街と呼ばれていますが倉敷市全体がそうなのではなく指定された一部だけですが昔ながらの蔵屋敷が残っていて懐かしい気持ちになります。娘と一緒に和物中心に雑貨を見て回りました。日本の手仕事はいいですね。ですが数年前まで東北の細かく丁寧に編まれたざるやカゴなどは置いていなかったり。



店主さんのお話では制作者高齢につき仕事が出来なくなったり、すでにお亡くなりになられていたり。仕事を継ぐ人がいないのでしょうか、その方がいなくなるともう終わり。

伝統的なお仕事は残ってほしいのですけれど本当に残念ですね。