Wednesday, September 21, 2016

マドレーヌちゃんの靴


しっかりとした仕事


ショップに最近UPしておりますモデル、マドレーヌちゃんの足元にお気付きの方いらっしゃいますでしょうか。写真の中の撮影小物には敏感なお客様お気付きですよね。

数名の方から靴についてお問い合わせも届いております。

これらの靴は人形靴の職人さんにオリジナルで制作していただきました。

靴についてはお客様から作られないのでしょうか?とのお尋ねを時折いただいてはおりましたが、指の関節を痛めているため革を縫うという作業が非常にきついということも理由のひとつですが残念ながら私の技術では無理なのです。


マドレーヌちゃんは廃盤ドールのためにデフォルトのシリコン製シューズはファミリアでどうにか手に入るものの他のシューズは市販品を探すしかありません。オークションなどでブライス用に作られた靴を見当つけて購入したものの全く入らなくて撃沈は数度、、涙。8インチドールなのに足が大きめ、甲が高いので足先だけ入ってもそこからが無理な靴が多いのです。手作りに何度か挑戦したものの甲の部分で引っかかって入らずそのための調整がうまくいきませんでした。

ショップでモデルをしているドールなのでしっかりとした本格的な靴が欲しいとずっと探していました。その時偶然出会ったのが人形靴職人のれんさんのサイトでした。お忙しいところお願いし楽しみに待って届いた靴は素晴らしいものでした。細部までしっかりと作り込まれ内側に色違いの革が貼られていたり、かかとに色違いの糸

で縫い目が可愛らしくポイントでついていたり。まさしくこちらの心をロックオン。

革靴は革の特性上ドールへの色移りが懸念されるのは知られていますが、モデルドールに履かせるので、ずっと着用せっぱなしにすることがないためその点は気にする必要はありませんでした。



ちなみに我が家のドールたちは部屋の中でオープンに暮らしておりません。

通常ドール全員、靴は履かない靴下だけの状態で待機。年中引き出し暮らしです。モデルさんたちの待機場所ということで引き出しは「事務所」と呼んでおります(笑。




話は戻って・・・一番感動したのは靴を履かせて立たせる際でした。

意識せず何気なくぽんっと人形を置いただけなのにスックと自然に立ったのです。今まではバランスを取りながら立たせていました。シリコン製デフォルトの靴は柔らかいゆえに履かせやすいのですが、靴底がソックスの影響を受けてグラグラすることもあります。外で撮影することが多いため僅かな風でも倒れてしまうのです。 それにスカートが膨らんでいたり等、上に着ている服次第でバランスが取りにくかったりすることもある為、危ない時は後ろへもたれかからせたりしていました。

モデル撮影なのでドールスタンドを使わず自然な状態で撮りたい私にとってこの安定感は驚きでした。微風程度ではほっておいても人形は立ったままです。



また靴底の部分もしっかりと作り込まれているので こういう靴底が見えるアングルで撮影するのが楽しいです♪ 技術というものは意識を持って積み重ね研鑽し努力や苦労の上に成り立っていくもの。

今回改めてそのことに気づかされ自分の姿勢を正すいい機会に恵まれました。

早く走れる人と走らなければタイムは上がらないと学生時代よく言われていました。自分には到底出来ないと思われる技術をお持ちの方と肩を並べようなんておこがましいですが、このくらいの勢いで上を見ないと上達はありません。

丁寧に制作された靴が届いたその日 手の平の上の小さな靴を眺めつくづくそう思った次第でした。