Friday, July 22, 2016

アウトフィットの組み合わせ



時間を置くことの意味


今年になってからですが アウトフィットを作るとしばらくの間寝かせておくようになりました。

例えばトップスを作ってもすぐにボトムを作らず箱の中に保存しておくのです。そういう組み合わせていないアウトフィットがいくつも置いてあります。そうすることでゆっくり考えることの良さを改めて感じます。

作ってすぐにはどうしよう、こういう風に合わせようと考えたもののぴんとこないなと思ったら箱の中に入れます。しばらく置いておいて次にボトムとかトップスを作った時に合うものがあるかな〜と探してみると意外とこれがあるのです。

もしくは箱の中のものに合わせて作ってみると時間が経っている分 上手く組み合わせられることが多いです。


それから材料。

メインになる布地、アウトフィットを作り始めた当初はなるべく生地を使い切ったら次のを買うというようにしていました。ですが、それだと どうも一本調子な作りや組み合わせになってしまいます。

最近は布地は少しづつ、種類は多く揃えるようにしました。レースなどの副材料も数種類揃えています。種類があるとこれとこれはどうかと合わせてみてゆっくり考えられます。
ワンピースのように単品でUP出来るお洋服でも置いておくと 後からこのストールを合わせようとか帽子はどうだろうと考えられます。

時間をかけるメリットに今更ながら気付いてしまいました。