Tuesday, June 28, 2016

レース




繊細な材料


先日 とっても繊細な編みのトーション・綿レース(綿糸60/3と綿糸10/2)を見つけました。二種類購入したのですが、片方は幅がドール用に使うには広すぎたのです。ですが上品さに惹かれ、工夫したらいいかもしれないと思いました。

まだどうするか決めてはいないのですが、こういう素材を眺めている時間は至福の時♪ 出したりしまったりをしょっちゅうやっています(笑。綿糸60/3の方はほんとうに繊細、薄いコットンボイル生地やクレープ生地と合わせたら素敵になりそうです。


トーションレースなどは選ぶ際に幅と厚みに注意ですが、レース生地選びで問題なのは柄のサイズです。ドール用だからと細かい柄を選びがちになりますが、レース生地の模様にある穴の部分(どう呼ぶのでしょうか?)が多いと縫う時、重なった部分に厚みが出てしまいます。

穴が大きすぎるとドールの肌が透けてしまうし。頭だけで考えたことは実際に縫ってみると「アレ?」と思うことが多々あります。

人が着る生地を使っているのですから仕方ないのですが、何度も失敗を繰り返してやっとわかることも多いです。