Wednesday, June 08, 2016

ドール服を縫う



我が家のお人形のために


ドール服を作って販売しているので「買うばかりでなく自分で余暇に楽しみに縫ってみるのですが上手くできないことがあってコツなど教えてください。」というお問い合わせをいただくことがあります。

実際にどういう風に縫われているのか見ていないのではっきりとはお答えできませんがわかる範囲でご連絡させていただいています。


なにぶん マドレーヌちゃん専用のドール服の型紙や本がないので、まずは本の説明どおりに縫ってみるという初歩的なことが出来ません。しかしサイズが違うだけで縫い方のコツはどのアウトフィットも同じ。リカちゃん、ブライスなどのお洋服の縫い方の本はありますので参考にされるとよろしいかと思います。

それから 自分で縫うようになると自分にとってやりやすい方法も見つかります。答えになっていないようですが、意識を持って数を縫うのが遠回りなようで近道なのではないでしょうか。私自身まだまだなのに偉そうなことを言って申し訳ないのですが、どんな分野にもすぐに出来るようになる方法はないので。


マドレーヌちゃんやお友達ドールたちは小さいのに手足が大きく 袖口やパンツ類の手足を通すためにはサイズに注意が必要です。最初の頃、ぴったりに作りすぎ袖を手先が通らなかったこともありました。ウエストも子供体型なので寸胴で少しお腹が前に出気味。すっとした体型の他のドールに比べますと似合うアウトフィットにも違いが出ますね。


色々な柄や質感の違う材料を使ってアウトフィットを作っていますが 時々ふと 我が家の子達に新しいお洋服を作ってあげていないことに気がつきます。そういうときに作るのが、ごくシンプルなAラインの袖なし、襟なし、飾りなしのワンピースで昭和の子供の普段着みたいな感じ。

TVドラマや映画で大正・昭和の子供が出るとついつい目を凝らして着ている服を見てしまいます(笑。