Sunday, May 22, 2016

同じ感覚

私の愛用しているバッグ 財布は土屋鞄製です。


革の質感、使い心地共にお気に入り。

先日 前から欲しいけれどいつも製作中表示が出ていて買えずにいたミニがま口を購入しました。

うれしくなって たまたま電話してきた娘についに買ったよと報告しかけたら、話の途中で遮られ 「ちょっと待って、どれを買った?!」と聞かれました。「こげ茶のミニがま口だよ」 と言ったら 「ええええっ 母の日と誕生日にまだ何もしてなかったし欲しいって言ってたから私も買ってさ、明日持って行こうと思ってた」と言われました。明日というのは、私の方は土屋鞄からのメールで出荷日となっていて買ったタイミングまで同じ。結局 私が買ったのを娘へ 娘が持ってきたのを私がもらうことに(笑)。

娘も前から欲しがっていたのでまあ丁度いいじゃないのということになりましたが、ここまで欲しいものの感覚が同じとは・・・(笑)でも革って個性がありますね。同じこげ茶の革でもシボの具合がそれぞれなので雰囲気が違います。まだ娘には渡していないので 手元に今 二個あります。

やっぱり可愛いですね〜。小銭入れというより、ちょっとした小さなものを入れるのにいいな。質のいいものを永く使いたい、そのためには手に入れるときには慎重に。持っているものの整理も大切。そして なにより職人さんがきちんと作ったものは使う側も姿勢を正される気持ちになります。ものつくりをしている者として学ぶべきことがたくさん詰まっています。