Monday, February 15, 2016

色の見え方



ブラウザによる色の見え方


ショップには注意事項として書かせていただいておりますブラウザによる色の見え方。

私自身ネットで材料を購入することが多くあら〜見えたのと少し違うなということはたまにあります。例えばショップに出しておりますこのカットソーの生地。「赤レンガ色」と商品説明には記載しております。これ 購入する際にブラウザを通して私の目に見えたのは本当に「リアルレッド・・真っ赤」だったのです。届いた生地を見て間違えたのかとサイト確認してみたら間違いなし。落ち着いたいい色ですのでよかったのですが真っ赤だと思っていたので合わせるボトム 予定したものでは合わなくて急遽組み合わせを変えました。





次にこの色。何色に見えますか? これは実店舗で購入したニット生地。実際に見たので 私は店内では「リアルレッド・・真っ赤」だと思いました。ですが家に帰って袋から出したら「??」あれこれはちょっと違うかな。カタカナで言えば オレンジレッドといったところ。

綺麗な色ですのでいいのですが またもや真っ赤だと思って購入したので違っていた例。おそらく店内の照明でそのように見えていたのだと思います。こういうこともあるということで微妙な色味の見え方の違いがあるかとは思いますがご了承いただければと思います。

赤、緑など複合色にこういうことが多いように思います。

以前デパートでモスグリーンのパンプスを購入したことがあります。店員さんが確認のために包む前に箱を開けて見せてくださり自分も見ているのに家に帰って箱を開けたら茶色(少し緑がかってはいましたが・・)のパンプスが入っていて驚き。速攻間違えてますよと取り替えに出向き 箱を開けたらば「??え〜! 間違ってない、確認したパンプスが入ってるっ」でした。店内の照明で色が微妙に違って見えていたらしいのです。



こちらの赤が私にとってはリアルレッドだったのでこれに近いかなと思って購入したら若干ではありますが違っていたという例。赤と緑はちょっと注意が必要かもしれません。

ただ 私にそう見えているだけで他の方の目には違って見えているかもしれませんし難しいです。赤が青に見えているというような極端な話ではないのでいいのですが可能であれば自然光で確認するのが一番ですね。

パソコンのモニターによる色の濃さまではわからないのでネットで購入する際は多少の誤差はあると意識していた方がいいかもしれません。