Saturday, January 23, 2016

好きな音楽_2



昨日は好きな音楽にディズニーをあげましたが、今回はクラッシック音楽。

ショパンのピアノ曲です。何気なく聴いていたら、あれこれどなたが演奏されているんだろうと耳を凝らしてしまうことがあります。今回 思わず「これ誰の演奏?!」と気になった曲は、ショパンの「革命のエチュード」(フレデリック・ショパン:練習曲ハ短調作品10-12(仏: Étude op.10 nº12 英: Etude Op.10,No.12)でした。演奏会などで演奏時間が短いためとインパクトのある曲なのでアンコールでよく使われますね。たいてい叩きつけるような力のある演奏が多くて自分の考える「革命」のイメージとは違うなと思っていました。

印象がずいぶん違う解釈だと思ったら、Fujiko Hemming フジコ・ヘミングさんの演奏でした。彼女の弾き方は独特のクセがあるので好き嫌いがあるだろうなと思っていました。ですが「革命」を聴いてからというものガラッと考えが変わってしまいました。ここであれこれ自身の感想を述べるよりも聞いてみていただきたい一曲です。それぞれ好みがありますから、個人の主観だとご理解くださいね。


お隣さんの紅梅が咲き始めました。

我が家のキッチンの窓から見えるので毎日咲き具合を観察♪ずいぶん前からポツポツ咲いていましたが日に日に数を増やし赤く染まっていきます。野鳥もたくさんやってきてバードウォッチングも毎日。日も長くなってきてそれでもまだまだ寒いですが春の訪れが待ち遠しいです。