Saturday, October 17, 2015

パッケージデザイン



パッケージデザインに弱いです。旅行先のカフェで、ホテルで 買い物した時の包装等々、気になるデザインを見つけるとついついお持ち帰りしてしまいます。たいてい軽いものが多いのでつい、、(笑。


考えてみると紙に弱いようです。結局は処分するのですが、しばらくの間だけ身近に置いて楽しんでいます。



マドレーヌちゃんたちが入っていた箱もなかなか処分できませんでした。中身を出してしまうと箱って意外とかさばるもの。思い切りよくまとめてしまわないと家の中の収納スペースは限りがあるので。気に入っていたものなどは  写真に残しておきます。


最近ではパッケージ買いはほとんどしなくなったので箱や瓶、紙類はたまらなくなりました。外側のデザインと中身の品質や味がイコールである場合ばかりではないと学習したのでつい慎重になってしまうせいです。このところまた 片付け病が再発(笑!)しておりまして あれこれ処分中。

たまに来た友人がこれ以上何を処分するのかと聞くのですが、いやいや人間はいきている限り所有欲というものは大なり小なりあるので意識していないとモノは溜まっていきます。身の回りだけは秋の空のようにすっきりさせておきたいのです。

それはともかく 小さなスペースのデザインは見惚れるものが多いです。海外の紙は再生紙や紙質が上等でないものが多いのですがそれにのせたインクの雰囲気も大好きです。海外の文庫本というかペーパーバッグ(paperback)はざら半紙みたいな紙が多いのですがそういうのも好きです。上等な品質にもチープな品質にもそれぞれの立位置がきちんとあるところに共感しているのかもしれませんね。