Sunday, August 09, 2015

言葉



思いやる


前にも書いたような気がしますが、言葉や文字で気持ちを伝えるという事。とっても難しいです。

相当なレベル、地位にいらっしゃる方でもついうっかりで足をすくわれることも。それに受け取る側の気持ちのありようも関係します。コメント欄を開けるか開けないかはこのサイト(ブログ)を立ち上げる前にずいぶん考えました。

word pressという海外のオープンソースを使ってサイト作成していますが設定も何もやっていない空っぽのサイトの時でも来ましたよ、、、スパムコメント。よくわからない文字の羅列、、、ホントに不快。。

どこでモニターしてるんでしょうか??自動で新しいサイトを感知しているとか?

こういうことが嫌なのと 削除は出来るけどそれまでの少しの時間にもお客様がご覧になって不快になることだってあるかもしれないというわけでコメント欄は開けておりません。ネットの世界は相手が見えません。ですが マシンの向こうにいるのは血の通った人間です。

ご意見やご希望など気軽にコメント欄で聞けたらいいかなとも思いましたが結局メールフォームを設置しました。連絡をしたいお客様にはお手数をかけますがお名前をお聞きすることでお互いにきちんとした対応が出来ると思うのです。それにリピーターのお客様はこちらの連絡先がおわかりなのでご用がある時は、個別にメールを下さっています。時折 手書きのお葉書やお手紙をいただくことも。ありがとうございます!

自分の名前を明かさないまま 荒らしでブログ炎上 よく聞くお話です。たまたま検索していて入ったサイトで不愉快な状態になっているのを見かけると悲しくなってしまいます。


人を批判することは簡単です。

自分だってこんなことを書いているけれど批判、ご教示されることだってあります。

毎日仕事をしていればそういうことは多々あるし年齢があがってくれば伝える立場になることも多いです。

けれどそういう際には相手のことをきちんと思って伝えているか否かで受け取る側が真摯な気持ちで聞いてくれるか 反発だけの気持ちになるかじゃないかなと思います。

今日は 真面目なことを書いてしまいましたが何かあったわけではないのですよ、ワタシ(笑。

知人から嫌なことがあった話を聞き、私の感じていることを書かせていただきました。
あえて書いたのもその知人という方がとても真面目な方で他人に批判されるような内容を外に向かって書くことなど決してしない人なのです。何か些細なことが気に障った方がいらっしゃったのか、単にイタズラだったのかわかりませんが他人事ながら悲しいなあと思いました。

ネット上での匿名での書き込み。匿名だから、言いにくいことだって言える それも もちろん一理ありますが文字のみでしか表現出来ないし、デジタルの文字はアナログよりきつく感じるので顔を合わせて話す時より一層注意が必要ではないでしょうか。



---------------------------

【お知らせ】
お盆期間8月13日から16日の間の発送について、Shopでのお買い物は通常どおり出来ますが発送が遅れる場合がございます。申し訳ありませんが ご了承くださいませ。