Wednesday, February 11, 2015

春を呼ぶ



岡山平野に春を呼ぶと言われる行事。

西大寺会陽 (2015/2月21日(土)


裸の男たちが極寒の2月夜に集結し西大寺観音院本堂の御福窓から1本2対の宝木が投下されます。その宝木を手にし、仁王門の外に出て商工会議所に置いてある米升に宝木をさした人がその年の福男。

一度も本番を見に行ったことはありません。行った人の話ではとにかく寒い!トイレに困る とのこと。ですよね〜(笑宝木投下は以前は夜中の0時だったのですが最近10時になりました。会陽の後 一週間境内で後祭となり屋台が出たりしますがこれが寂しいくらい縮小されてしまいました。

子供の頃は後祭が楽しみだったのですが、最近では出かけてみても人混みもなく静かなものです。

楽しみ方もいろんな方法が増えてしまったからでしょうか。
今年の会陽の日も寒いことでしょう。
これが終われば、春も近いです。