Friday, February 27, 2015

デザインを見つける_3


道を歩いていてぺちゃんこになって錆び付いている空き缶。

木々を眺めていて遠くで風に揺れている枯葉。 意外とそういうものが気になります。 あえて作られたものではないもの。 そういうものにとても素敵なデザインを見つけることが多いです。

先日 Webサイトの仕事でセールのバナーを作ったのですが定期的に依頼が来る仕事のため毎回どんなデザインにするかいつも頭を悩ませます。

デザインがきれいなサイトなので 雰囲気をこわさないバナーを作りたい、かといってセールなのでそれを見てお客様が購買意欲を持って下さらなくては困る。
時間の余裕がない依頼が多くて短時間で(それこそ3分でやれ的な)こなすために仕事がないときでも頭の中で次に依頼が来た時のデザインを意識しています。

人間の頭の中で考えられることなどはそんなに無限ではないように思いますが疲れた時に外に出て自然を眺めると神様の仕事に畏敬の念を持ってしまいます。

葉っぱ一枚、石ころひとつ同じものはないからです。



お隣さんが樹木の剪定をしていたので声をかけたら「鳥の巣があるんだけどいる?」と聞かれ ふたつ返事で「いる〜♪」と答えたら空き家になっている小さな鳥の巣をはしごをかけ取ってきてくださいました。今時の鳥の巣は、ビニール紐をさいたようなもの(新建材)と細い小枝を合わせた住宅(笑。

ちっちゃな手のひらサイズの巣でどんな鳥が作ったんだろう。

小さな体で頑張って作ったんだろうな〜。

それにしてもいい形、デザインをしています。

鳥はビニール紐だって使えると思ったから運んできたんでしょうが

自然の枝との組み合わせがなかなかのもの。
窓辺に置いて眺めてはリフレッシュさせてもらっています。