Sunday, August 10, 2014

秋冬物


新しいドール服用生地


まだまだ暑い時期が続きますが秋冬物用に別珍の生地を購入しました。

市販のマドレーヌちゃんのアウトフィットで黒いファーがついたモスグリーンのベロアみたいな生地で出来た長袖ワンピースがあるのですが、シックでいいなあと。

別珍だと高級感があるし上品だし、ぜひ冬物に欲しいと思いました。



で 購入したカラーは レッド モスグリーン マロン ダークパープル ブラック。
ひと月前には届いていたのに袋から出すのもためらわれてしまっていました。
静電気でいろんなゴミがくっつきそうで・・・。
お盆前で仕事が一段落し 台風の影響で涼しかったのでやっとのことでまずは一着縫ってみようと袋から出しました。

ああもう その段階でゴミが〜(涙。
それにしても別珍って高いですね、、、ため息。
型紙当てて切るのもいつになく慎重・・・(笑

試しに一着長袖のワンピースを縫いました。袖口と襟周りに白いファーをつけたのですがファーの切り口から毛がふわふわ・・・うう
生地につくわ つくわ どーすりゃいいのさ状態です。

アイロンも専用のピンボードとやらでかけるらしく専用台などないのでしわにならぬよう気をつけて縫って裏からそおおおっと縫い目のところだけアイロンをかけました。




別珍って伸縮性がないんですね、知りませんでした。ベロアは伸縮性があるらしい・・。
襟ぐりとか袖山とかを縫う時に切り込みを入れておくのですがそれでも縫いにくかったです。裏返す時もなんだか固い?のでどうにかこうにか裏返したら力がかかったせいか、縫い目が表に出てしまいました。

秋迄に上手く出来たらお披露目しますね〜。着せてみたら、細かいアラを見なければ(笑)いい感じかな。濃いめのマロン色に白いファーがついたもので冬には一着欲しいところ。

今 着せてみると さすがに人形とはいえ暑苦しそうでした。サンタドレスやコートドレスも欲しいところだけど一着目で挫折しそうになったのでどうなることでしょう。

こういう縫い難い生地を扱った後に綿ブロードを縫うとなんて楽チンなんだと思いますね(笑。




余談ですが
宝塚歌劇のファンの方ならご存知だと思います。

おなじみ「ベルサイユのバラ」の オスカルの部屋のシーンでオスカルが着ている あれはなんという衣装なのでしょうか。
白いタイツに紺色のベルベット?別珍?素材の体にぴたっとした小公子スタイル。

オスカルを演じたタカラジェンヌの方が片膝をつくシーンで 生地に伸びがないので
ビビビっ??(笑)っ(つっぱる感じ?)となるとおっしゃっていたのを思い出しました。